貧血

貧血

貧血とは、血液中の赤血球数や血色素量(ヘモグロビン量)が減少して、血液が薄くなった状態をいいます。酸素は赤血球に含まれる血色素と結合して体のすみずみに運ばれるため、貧血状態になると十分な酸素を運べなくなってしまいます。

貧血の大部分は鉄分の不足による鉄欠乏性貧血と言われていますが、そのほかの原因となる病気などがある場合は、その病気を治すことが先決です。

貧血の原因

  • 鉄の摂取不足・・・ダイエットや偏食・欠食・少食
  • 鉄必要量の増加・・・成長期や妊娠・出産・授乳期
  • 鉄の吸収障害・・・胃切除後や消化管疾患
  • 失血による鉄の喪失・・・子宮筋腫・月経過多・消化管の腫瘍・痔など

鉄欠乏性貧血の生活改善のポイント

鉄剤の服用は主治医の指示に従いましょう。
栄養のバランスを整え、血液の材料となる栄養素を十分とりましょう。
組み合わせて食べることが大切です。
鉄分やタンパク質は血液の材料になります。
ビタミンCは鉄分を吸収しやすくする働きがあります。
ビタミンB12・葉酸は赤血球の成熟を助ける働きがあります。
1日3食食べましょう。
食欲増進のため適度な運動を心がけましょう。

ページの先頭へ戻る

協会へのお問い合わせ 巡回健診:022-274-3131 施設健診:022-262-2621
 お問合せ受付時間 8:30~17:00(平日)
メールでお問い合わせ
Vol.20(2018年春)
vol.20
詳しく見る