脂質

中性脂肪やコレステロールは人間が生きていくためには欠かせない存在です。しかし、増えすぎると、脂質異常症といわれ、進行すると動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。

総コレステロール

細胞やホルモンをつくる成分として利用される大切な脂肪です。いくつかの種類がありますが、ほどほどに保つことが大切です。

HDL-コレステロール

血管の内側についたコレステロールや血液中の余分なコレステロールを取り除き、肝臓に戻す作用があります。

LDL-コレステロール

肝臓で合成されたコレステロールを全身に運ぶ作用があります。酸化されると血管の内側にコレステロールを溜め動脈硬化を促進すると言われています。

中性脂肪

体のエネルギー源として利用される脂質です。利用されずに余った分は皮下脂肪や肝臓に蓄えられます。

生活習慣改善ポイント

食べ過ぎに注意しましょう。
食事は腹八分目を心がけ、よくかんでゆっくり食べましょう。
中性脂肪を増やし、HDLコレステロールを低下させる砂糖類、菓子類を控えましょう。
アルコールはひかえめにしましょう。
アルコールは食欲を増進させるうえ、飲み過ぎは中性脂肪の増加につながります。
適量を心がけましょう。
動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品は考えて食べましょう。
肉の脂身や加工品、チーズ、バター・生クリームなどはコレステロール値を上げ動脈硬化を促進します。
野菜・きのこ・海藻・大豆製品を積極的にとりましょう。
コレステロールの吸収を抑える食物繊維や酸化を防ぐビタミンを多く含みます。
適度な運動習慣を身につけましょう。
適度な運動はHDL―コレステロールを増やす効果があります。また肥満やストレスの解消にもつながります。
禁煙しましょう。
たばこの主成分ニコチンはHDLコレステロールを減らします。喫煙は動脈硬化を促進するうえ、様々な生活習慣病の危険因子です。

ページの先頭へ戻る

協会へのお問い合わせ 巡回健診:022-274-3131 施設健診:022-262-2621
 お問合せ受付時間 8:30~17:00(平日)
メールでお問い合わせ
Vol.22(2018年秋)
vol.22
詳しく見る