肝機能

肝機能

肝臓は体内でもっとも大きな臓器で、栄養素を体内で有効に利用する働き、有害な物質を分解・解毒する働きなど生命を維持するために重要な働きをしています。

沈黙の臓器といわれる肝臓の病気は症状があらわれにくいため、健康診断などでチェックしておくことが大切です。

AST(GOT)/ALT(GPT)

肝臓病の有無について調べる一般的な検査です。

γ―GTP

アルコール性肝障害の指標になります。
また、薬物などの影響で数値が高くなることもあります。

ALP

胆汁の流れが悪くなったり、骨の異常があると数値が高くなります。ほとんどの臓器に含まれている酵素ですが、通常は肝臓を経て胆汁の中に排泄されます。

肝臓を守る生活改善ポイント

良質のたんぱく質、ビタミン・ミネラルをとるようにしましょう。
たんぱく質は肝臓の大切な栄養分で、肝機能を回復させる働きがあります。ビタミン・ミネラルは肝臓で貯蔵・生成される成分です。常に補っておきましょう。
食べ過ぎに注意しましょう。
食べ過ぎると肝臓に蓄積される脂肪が増え、肝臓の働きを妨げることがあります。
食事は腹八分目を心がけましょう。お菓子・甘い飲み物は控えめにしましょう。
果物は適量をとりましょう。
お酒は適量を守りましょう。
過度の飲酒はアルコールを分解する肝臓に悪影響を及ぼします。お酒は1日の適量を守り、週に1~2日は休肝日をつくりましょう。おつまみは、量と栄養のバランスを考えてとりましょう。
生活のリズムを整えましょう。
適度な運動をして、睡眠不足にならないようにしましょう。
過労をさけ、疲れをためないようにしましょう。
食後30分くらいは休息をとるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る

協会へのお問い合わせ 巡回健診:022-274-3131 施設健診:022-262-2621
 お問合せ受付時間 8:30~17:00(平日)
メールでお問い合わせ
Vol.19(2018年冬)
vol.19
詳しく見る