胃部X線検査

improvement_img01

バリウムを飲んで胃部のX線撮影で臓器の形や変化の異常を調べます。胃腸の病気は食生活、飲酒、喫煙、ストレスの影響を受けやすく、治療後も不規則な生活を続けたりストレスの多い環境にいたりすると、再発することも多いので注意が必要です。

胃腸をいたわるためのポイント

暴飲暴食を防ぎましょう。
食事はよく噛んで、楽しく食べましょう。
辛いもの、塩分の強いものは、食べ過ぎないようにしましょう。
禁煙に努めましょう。
タバコは血管を収縮させ、胃の粘膜を刺激します。
お酒は適量を守り、おつまみを食べながら飲みましょう。
ストレスをためないようにしましょう。
過度のストレスは胃の粘膜を傷つけます。疲れを感じたときは十分な睡眠をとり、自分なりの方法でリフレッシュしましょう。

ページの先頭へ戻る

協会へのお問い合わせ
巡回健診に関するお問い合わせ
☎ 022-343-7001 info@mhsa.jp
施設健診に関するお問い合わせ
0570-010-955
info_kamisugi@mhsa.jp
 お問合せ受付時間 8:30~17:00(平日)
※通常は、2営業日以内にご返信させていただいております。
※土日祝日等、当協会休業日にいただいたお問合わせにつきましては、翌営業日以降の回答とさせていただきます。また、お問合わせの内容によりましては、ご返事にお時間をいただく場合やご返事いたしかねる場合がございます。予めご了承ください。
Vol.38(2022年秋)
vol.38
詳しく見る